高血圧下げる「福辻式」
簡単ストレッチを自宅でやるだけで
5分で血圧が下がる方法です。
ACON社血糖値測定器本体セット無料キャンペーン
血糖値測定器の精度が第3者機関の検査で
品質全米ベスト3の評価を得ました!

「玉ねぎスープ」を飲み続けているうちに血糖値が正常値に戻ったという人の話を聞いたことがありますが、どのような理由によるものなのでしょうか。

玉ねぎは血糖値を下げる効果が期待できる

それは、玉ねぎの中に含まれている”グルコキニン”という成分が血糖値を下げる効果があると言われていて、健康的な食生活に玉ねぎスープを取り入れることで血糖値を下げる効果が期待できるからです。その人は、血糖値が正常値に戻ってからも「玉ねぎスープ」を毎日飲み続けているそうです。

他の玉ねぎの健康効果

玉ねぎには、他にも、血圧を下げる働きや血栓を溶かし血流をスムーズにする働きもあります。また、太り気味の人にも良く、余分な脂肪を溶かし外へ排出するので、ダイエット食にも最適、強力な抗菌作用があり、生活習慣病予防改善に効果的な食材です。

玉ねぎを利用した料理レシピは、インスリンの分泌が促され血糖値を下げ安定した血糖値を保つ作用があるので糖尿病食にも応用されています。

糖尿病食の宅配

今では、高血糖で糖尿病になる人の割合がとても多く、糖尿病食レシピは増えており、糖尿病食の宅配もあります。糖尿病食宅配は、高血糖は気になるけれと、【血糖値を下げる】料理レシピを、毎日、考えるのも大変という人に気軽に利用できる宅配食です。

→ ダイエットにおススメ!低カロリーバランス栄養食セット【お試しセットも販売中】

飽きない工夫!オリジナル「玉ねぎスープ」

「玉ねぎスープ」は自宅でも手軽に作ることができ、口コミでも「玉ねぎスープ」はとても美味しいと好評です。海藻類やキノコ類、他の野菜類を好みで入れて作ってオリジナル「玉ねぎスープ」で血糖値の安定を図りましょう。

【玉ねぎで血糖値を下げるための食べ方の工夫】

玉ねぎは、なんにでも調理できる万能野菜ですよね。煮物にも、炒め物にも、サラダにもなります。よく食卓に上がる食材だと思います。
玉ねぎは、実は血糖値を下げる食材なんです。『玉ねぎを食べると血液がさらさらになる』と聞いたことがありすよね?その通りなんです。さらさらになるから血糖値を下げることができます。
では、いつもの調理方法とは違う、玉ねぎの食べ方をご紹介したいと思います。それは、テレビ番組でも取り上げられた、酢玉ねぎです。酢玉ねぎは、作っておけば常備することができます。なので、ドレッシングとしてやハンバーグソースとしてなど簡単に料理を仕上げることができるので助かります。

【血糖値を下げるためにお勧めな玉ねぎの種類】

玉ねぎにも、種類があります。まずは、黄玉ねぎです。これは一般的な玉ねぎで、よくスーパーなどで見かける種類です。辛味が強いのが特徴です。
また、赤玉ねぎという種類もあります。紫玉ねぎやレッドオニオンとも言われます。辛味や玉ねぎ独特の刺激臭は少なく、甘いのが特徴です。
あとは、白玉ねぎがあります。これは新玉ねぎのことで、黄玉ねぎを早めに収穫した種類です。3~5月の間にスーパーなどに出回ります。
これらの種類の中で、血糖値を下げるのに優れているのは、黄玉ねぎです。血糖値を下げるのは、辛味が強いほど効果があるとされているからです。お買い求めしやすいですね。

【酢玉ねぎで血糖値が下がる理由】

酢玉ねぎは、玉ねぎに含まれる硫化アリルという物質により血流が良くなり、さらさら血液になります。また、ケルセチンという物質で、血管が柔らかくなり、血圧を低下させます。
そして酢によって、血流がよくなり血圧を低下させ、さらさら血液にしてくれます。
玉ねぎと酢が一緒になることで、効果が強くなり血糖値を低下させることに繋がります。
酢玉ねぎの作り方もご紹介したいと思います。玉ねぎ中玉1個、塩少々、酢玉ねぎが浸るくらいの量、蜂蜜大さじ1です。瓶や袋などの入れ物に入れて冷蔵庫で半日つければ出来上がりです。鍋で熱してから玉ねぎにかけて冷蔵庫で半日置くと食べやすいと思います。

【おすすめの酢玉ねぎ本!その理由は】

酢玉ねぎの本は、様々な種類が売られています。そのなかで、私がおすすめのしたい本をご紹介したいと思います。
英和出版社が出している、『酢玉ねぎ酢しょうがレモン酢お酢の力でやせる!』です。簡単に作れて健康効果バツグンと書いてありました。健康になれるレシピが80品も紹介されています。価格はインターネットで972円で販売されていました。価格もお手頃ですし、酢玉ねぎだけではなく、酢しょうが、レモン酢などのレシピも紹介されており、レパートリーが豊富ということで飽きずに健康なレシピを楽しんで頂けると思い、この本を選びました。気になる人は、見る価値あると思います。

【血糖値を下げるために1日にどれくらいの玉ねぎを食べればよいか】

玉ねぎを1日にたくさん食べれる人は、それでいいと思います。しかし、苦手な人もいるかもしれません。そんな人は、1日に50グラムを目安に玉ねぎを食べてみてください。50グラム中玉4分の1個くらいを目安にしてみてください。玉ねぎのにおいが強いほど効果があるとされているので買うときもにおいを確認してみてください。
食感が苦手な方は、すりおろしてハンバーグや焼き肉のソースとして食べてもいいと思います。すりおろすと結構な量を食べることができます。すりおろして出た水分も捨てずに利用しましょう。その水分に血糖値を下げる大切な成分が含まれているからです。

【玉ねぎで血糖値が下がった口コミ】

では、実際に玉ねぎを食べて血糖値が下がった口コミをご紹介します。
まずは、1個の玉ねぎを2~3日かけて食べている人の口コミです。夕食前に酢玉ねぎを食べていたそうです。そして、一度血糖値が下がったので食べるのをやめたら、また血糖値が上がってきてしまいました。それからは、玉ねぎをちゃんと食べるようにしているようです。
続いては、自己流の酢玉ねぎを作って食べている人の口コミです。作り方は、玉ねぎをすりおろし、カップ一杯の酢、カップ半分の三温糖、顆粒だしスティック1本で作ります。毎食大さじ一杯食べていたそうです。すると、心臓の苦しさなども和らぎ、健康になった実感を持てたようです。

(https://kenka2.com)

[玉ねぎが血圧も下げる理由]

植物には、ファイトケミカルという物質が含まれています。これは、植物が虫や紫外線などから身を守るために作られた物質で、免疫力促進効果、抗酸化作用、ガンの予防にもなります。そのファイトケミカルの中に、玉ねぎに含まれる硫化アリルという物質があります。硫化アリルは、血流が凝固するのを防ぎ、血液をさらさらにする効果や、血管を柔らかくし血流をよくする効果などがあり、血圧を下げてくれます。血液中の不要な糖質や脂質を減らしてくれる効果もあります。
玉ねぎを食べるだけでこんなにも身体に良い効果があるんですね。血液がきれいになるだけでも、生活習慣病予防になるのでおすすめです。

[玉ねぎで脳卒中や心臓病の原因となる血栓予防]

玉ねぎには、アリナーゼという体内の化学反応を促進させる物質とイソアリインというイオン化合物が含まれています。これらの2つが空気に触れると混ざり合い、チオスルフィネートという物質に変化します。このチオスルフィネートは、玉ねぎを切って20分経つと出てきます。切った玉ねぎを水にさらしてしまうと、チオスルフィネートは発生しません。なので、空気に触れる面積が多くなる切り方をするのがいいので、スライスやみじん切りがおすすめです。
イソアリインは一部が体内でサイクロアリインという物質に変化します。これは、血液の凝固を防いでくます。また、血栓を溶かしてくれますし、体内の脂質を減らしてくれます。

[玉ねぎで白内障予防]

玉ねぎには、グルタチオンという物質も含まれています。このグルタチオンは、人間の体内にある肝臓や眼球に多く含まれています。このグルタチオンが、不足すると肝臓の機能が低下したり白内障(水晶体が白く濁ってしまう目の病気)を起こしやすくなります。
なので、玉ねぎを毎日食べることで白内障が予防できます。同じものを毎日食べるのは以外と辛いものです。しかし、玉ねぎは加熱することにより甘さが増すので食べやすくなります。なので、味噌汁の具の1つとして毎日少しずつでも取り入れるのがおすすめです。
また、生のままでもすりおろして市販のドレッシングと混ぜてサラダにかけて食べるのも食べやすくておすすめです。
これらのように工夫して毎日玉ねぎを食べましょう。

[玉ねぎの疲労回復効果]

玉ねぎに含まれているチオスルフィネートという物質をつくるイソアリインは、ビタミンB1と結合するとアリチアミンという物質に変化します。アリチアミンは、体内の糖質の代謝を高めてくれます。糖質の代謝が高まることで、疲労物質の乳酸ができにくくなります。このことによって、疲労回復効果が期待できるということです。
ちなみにビタミンB1は、豚肉に多く含まれています。なので、おすすめのメニューは、カツ丼や野菜炒めです。また、豚肉のしょうが焼き定食などのように主菜と汁物という組み合わせも結局は胃のなかで一緒になるので、同じ効果が期待できますね。

血糖値を本当に下げてくれるお茶

このお茶は”ただの血糖値を下げるお茶”ではありません!

本格薬草(4種)
1、ギムネマ(健常な血糖値の維持に関係があることを証明した臨床研究が米国特許に記載)
2、ニガウリ(低血糖を起こさず血糖値を安定させる)
3、シナモン(血糖値を下げる効果が立証)
4、ステビア(インスリン抵抗性を改善。千葉大学の研究で立証)

本格薬草(4種)は、欧米の医療機関で昔から活用されている4大薬草で「ドクターズチョイス グルコティー」には、この本格薬草(4種)が配合されています。

さらに!「90日全額返金保証」もあります。

ドクターズチョイス グルコティー

医療レベルの本格薬草(4種)が血糖値を”下げて”くれます。
「上昇を抑える」のではなく「下げてくれる」珍しく、貴重なお茶です!

健康的な血糖値の維持してくれるサプリ

ドクターズチョイス グルコサポート 120粒

血糖値が気がかりな方のためのサプリメントです。
健康的な血糖値の維持、糖尿病合併症の予防をサポート